ビックギフトで検索すると悪評が目立つ理由

インターネットの検索でビックギフトのことについて検索すると、なぜか悪い評価をしているサイトが目立ちます。

・ビックギフトは超危険な業者
・ビックギフトは悪徳業者
・ビックギフトは換金率が71%

このように書かれていました。

実際に私が利用して、危険な事は一切ありませんし、換金率は80%なのになぜこのようなことを書くのか不思議でしたが、この悪評を書くのもちゃんと理由があるのです。

今回の記事ではなぜビックギフトは悪評を書かれてしますのか分析したいと思います。

ビックギフトの悪評を書く理由

ビックギフトがなぜこんなにも悪評を書かれてしまうのか私なりに分析した結果を説明させていただきます。

まず、悪評を書いてある口コミサイトや比較サイトをじっくり観察することから始めました。

すると、そのサイトのほとんどが現金化業者自ら書いた自作自演サイトやアフィリエイトサイトだと言うことがわかりました。

(アフィリエイトとは一言で説明すると成果報酬型の広告のことです。)

・自身のホームページやブログ記事に企業や特定の商品・サービスの広告を掲載
・訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを買ったりして広告主の利益になる
・成果報酬が収入として手に入る

業者が自ら悪評を書くのは、なんとなくわかるような気もしますが、広告収入のために根拠の無い内容を書き、なにも関係ない業者を蹴落とすようなことは許されることではありません。

しかし、インターネット上ではこのようなことが平気でおこってしまうのです。

検索エンジンはSEO対策(上位表示させてる対策)を上手におこなえば、真実と違う内容でも上位表示されてしまいます。

いくら真実とは違う!!と訴えても無駄です(;’∀’)

これがネットの怖さでもあります。

アフィリエイターが収入の為に書くのはわかりましたが、では業者自ら書くのはなぜでしょうか?

私が思う理由としては、ビックギフトの換金率にあると思います。

ビックギフトの換金率は正直、他社より10%~15%くらい高いです。

ここまで違いが出ると、他社は正直勝てません。

そうなると、今度はビックギフトに申込が行かないようにしなくてはいけません。

それが、自作自演で悪評を書き少しでも申込みを減らす方法に行きついたのだと思います。

悪評を書かれているビックギフトは、たまったもんじゃないと思いますが、それだけ優良店だと言うことです(‘◇’)ゞ

インターネットはすごく便利なツールですが、全ての情報が100%正しいと言う訳ではありません。

その為、全て鵜呑みにしてしまうと、せっかくの優良店を見逃してしまうこともあるのです。

このような事にならない為にも、気になる業者があった場合には電話して直接業者に確認するようにしましょう。

手間はかかりますが、一本電話する事により口コミ情報が本当に正しい情報なのか、ウソの情報なのか判断することができます。

ビックギフトが『危険』なら他社は『超絶スーパー危険』

口コミサイトや比較サイトを見るとビックギフトは危険!などと記載しているサイトがありますが、利用経験のある私からすると、他社の方がよっぽど危険です。

明確な理由がありますので暴露させていただきます。

他社の場合
・ホームページの還元率はウソの表記

・決済手数料、消費税が手数料で引かれる

 

・電話で換金率を教えない

・クレジットカード情報を全て送らせる

・決済作業は業者で行う

・価値の無い商品を送ってくる(パワーストーン)

 

ビックギフトの場合

・ホームページ通りの換金率

・手数料なし

・電話で換金率、振込金額を聞ける

・クレジットカード情報は全て教えない

・決済作業はお客さんで行う

・自宅には何も届かない

皆さんはこの結果を見てどのように思いましたか?

ビックギフトがどれだけ優良店かわかっていただけましたでしょうか。

ここまで優良点を危険な業者と言うのであれば、他社は話になりませんよね(-_-;)

本当に真実を記載している口コミサイトや比較サイトであれば100%悪質な業者などと記載することは絶対にないでしょう。

そのため、ビックギフトが悪質や危険などと記載している口コミサイトや比較サイトは適当な事しか記載していない薄っぺらいサイトだと言うことです。

くれぐれもこのようなサイトがあった場合には鵜呑みにしないようにしましょう。

そのようなサイトを参考にしても何も得になりませんよ(^_-)-☆